2017年3月24日金曜日

どうも、慎之助から回ってきました新3年の荻野です。自分にブログの番が回ってきて、なんだかラグビー部ぽいなぁとしみじみ感じております。さて部活に復帰したら同期のほとんどがバイクだ、下宿だと電車通学をやめてしまっていました。くやしいので僕は毎朝の通学コースについて書きます。

まずは自宅から最寄り駅、自転車で20分くらいです。2年間も通っているので流石に距離は慣れましたが、行きは時間的に小学生や中学生と会うので少し辛いです。無邪気な笑顔で挨拶された時に戸惑ってしまう自分が悲しいですね。

最寄り駅から金山駅、25分です。基本的に田舎なので車窓から田んぼを眺め、ぼぉーとしながら乗っています。名古屋駅で大勢の人が下車し電車がスカスカになる様はおもしろいですよ。

金山駅からは名城線。学部の友達が東山線ユーザーであることを自慢してくるので自分は名城線を使い続け対抗しています。東山線の黄色いラインを見るだけで少しイラっとするのはきっと彼のおかげでしょう。新瑞橋、もう半分かとか八事か、もう着くじゃんとか考えながら大学に到着。

最後は名物の山登り。原付だと楽に登れますが歩きだとタフですね、脚にきます。自転車で登る人もいますがあれはあれでタフですね、基本立ちこぎですから。いずれにせよ、手段いろいろ、登りきったらさあ部活です。

こうしてみると意外と長旅ですがこれからも頑張って通います。
次は松江と楽しそうに新歓の仕事をしている祐次郎に回します。

2017年3月21日火曜日

親友ではなく大親友のようてつ君から回ってきました、新3年の松浦慎之助です。僕は下宿生なのでよく自炊をします。前回のようてつ君の投稿にありましたが、先日クリームパスタを作ったのですが、その美味しさに我ながら驚いてしまいました。そこで今回は最近自炊した品の中で特においしかった料理を紹介していきます。

第3位   クリームパスタ
先ほど紹介したクリームパスタが堂々の第3位です。ポイントはホイップクリームではなく生クリームを使用することです。ホイップクリームを加熱するとすぐに分離してしまい、あまりおいしいものができません。少し高いですが生クリームで作ることをお勧めします。

第2位  餃子
僕は餃子が好きでよくチルドの餃子を焼いて食べていたのですが、それでは物足りずひき肉から餃子を作ってみました。餃子を食べた瞬間、口の中に餃子の肉汁が溢れ出して本当においしかったです。誰でも簡単に作れますし、コストパフォーマンスも良いので非常にお勧めです。ポイントは皮を包む時に隙間ができないようにしっかりと包むことです。隙間ができてしまうと、肉汁が漏れてしまいます。

第1位  チーズダッカルビ
韓国で人気のチーズタッカルビをご存知ですか?僕も知りませんでした。甘辛く味付けされた肉や野菜を同じ鉄板で溶かしたとろとろのチーズに絡めて食べる料理です。お店で食べるとどうしても2,000円以上はしてしまいますが、お家なら安く済みますし、工程も非常に簡単なのでみなさんぜひ作ってみてください。

次は最近ラグビー部に復活した荻野君に回したいと思います。

2017年3月18日土曜日

自炊ガチ勢のひろたか君から回ってきました、新3年の伊藤陽哲です。先日暇すぎてカルボナーラを一から作りその写メを料理研究家のひろたか君に送ったところ、高評価をいただきました。自分で食べても非常においしかったです。パスタは結構お手軽に作ることができ、なおかつおいしいので、これからもパスタづくりを続けていこうと思います。同期の慎之助君のクリームパスタも絶品なので、ぜひ慎之助君の家に行ったらふるまってもらいましょう。みんなでパスタの品評会できたら楽しいと思います。

今回は新歓パンフレット作成者として、僕的パンフレットの魅力ベスト3を書こうと思います。

第3位
筋トレ肉体改造ページ(P30)

部員の2年前の体の画像を比較しているページです。
この画像を見てもらえればラグビー部に2年間いるとこんなにも変わることが目に見えて新入生に伝わると思います(笑)

第2位
表紙

ラグビーをやっている人が、いかにかっこいいかが伝わると思います。

第1位
全ページ

結局全部のページが魅力的です。ベスト3と銘打って結局1位が全ページって矛盾しているという突っ込みはなしです。このブログ書いてて「結局全ページいいじゃん!」と僕が思い始めたのは秘密にしておきましょう。

とりあえず、パンフレットを見ればラグビー部の魅力を少しは伝えられると思います。
そこで少しでも興味を持った新入生がグラウンドに来てくれれば幸いです!

次は、僕の親友の松浦慎之助君に回したいと思います。

2017年3月14日火曜日

僕の同期の小林君から回ってきました新3年の松村です。先日地元の友人と釣りに出かけたということから釣り好きであるといわれるようになりました。釣りは好きですが、よく釣りに行っていたのは小学生のころでそれ以来は全く行っていませんでした。

 私はこの半月ほどの間に2度貴重品に関して苦い思い出をしました。1度目はバスツアーで旅行に行った時のことです。バスに乗るとき大きい荷物をバスの下に入れて小さい手荷物を車内に持ち込む人が多いと思います。私もそのようにしており、手荷物の方に貴重品はまとめます。その日も貴重品は小さいトートバッグにすべて入れバスに乗車したはずでした。しかし2時間ほど経ったときでしょうか、手元に自宅のカギがないことに気づきます。大きい荷物の方に入れた記憶もありません。途端に一人で焦りだしました。同時に様々な事がよぎります。今日帰ったら家へ入れるのか。到着は22:00くらいになるから管理会社に連絡もできない。寒中朝まで玄関前か。いや、明日は朝から部活だ。など考えながら、大きい荷物の中に入っていると信じつつ残り3時間バスに乗車しました。精神的にかなりキツかったです。結局カギは大きい荷物の中にあり、事なきを得ました。

 2度目は本日の出来事です。ほんの1,2時間の間ですが、スマホを紛失しました。同期と学食で食事をした後自転車で帰っていたのですが、ふと親に連絡する用事を思い出しスマホを取り出そうとするも見当たりません。食堂に戻り探してもなかったので店の方に聞いてみましたが、届けられていませんでした。親切にも見つかったら連絡していただけるとのことで名前と連絡先を聞かれましたが、電話を紛失しているため連絡先を伝えてもどうにもならず、また今後の連絡はどうやって取ろう。携帯会社に電話して止めてもらおうか。ってかどうやって電話しよう。などと考えながら家に帰りました。幸いにも帰宅したらすぐに見つかりました。忙しい中親身になって話を聞いてくれた学食の方、すみませんでした。

このように、特に下宿生の場合貴重品の紛失は致命的となります。気を付けましょう。
次は最近おいしそうな料理を作っている陽哲君にお願いしたいと思います。

2017年3月10日金曜日

「僕の同期の」という雑な紹介で平塚君から回って来ました、新3年生の小林です。新入生にもわかりやすいようにもっと丁寧な紹介をして欲しいものです。

昨日は合格発表でした。たくさんの新入生と合格の喜びを分かち合うことができました。もう自分が大学に入ってから2年が経つのかと思うと恐ろしいですが、ラグビー部の新歓イベントに来てくれる新入生に楽しんでもらえるよう最大限の努力をしたいと思います。

突然ですが僕はミスチルが好きです。どれくらい好きかというと、小学三年生くらいからずっと聴くぐらい好きです。2005年発売の「I ♡ U」というアルバムが車の中でかかっていて、それにハマってしまいミスチルの曲を集めだしたのがきっかけでした。このアルバムは、みなさんが一度は聴いたことのあるであろう「sign」や「未来」、「and I love you」といった有名曲の他、今でもファン人気の高い「worlds end」、「CANDY」、「跳べ」などを収録した信じられないような名作ですが、その魅力に、小学生低学年ながら取り憑かれてしまいました。今でもこの曲を聴くと、当時住んでいた千葉県船橋市を思い出します。

Mr.Childrenというバンドは、とにかく曲数が多く、名曲も多いので、人によって好みの曲が大きく違います。もっと言えば、同じ人であっても、好きな曲はその時々でずいぶん変わります。新しく見つけた曲にハマったり、昔から知ってる曲の良さに気づいたり、曲の歌詞に自分のその時の心境が合ったりして、お気に入りの曲は常に変動します。というわけで、とりあえず今、これを書いている時点で最も好きな曲をみなさんにおすすめとして紹介したいと思います。

・渇いたkiss
・幸せのカテゴリー
・未完
・終わりなき旅
・Simple
・クラスメイト
・365日
・旅人
・I wanna be there
・彩り

ぜひ聴いてみてください。

次は、釣りが好きな松村君に回したいと思います。

2017年3月3日金曜日

どうも、石橋君から回ってきました新三年の平塚です。
あまりブログを書くのは得意ではないので、徒然なるままに二年生の振り返りでもしたいと思います。主に旅行です。
1.ユニバ
二年生になって三回行きました。でも年パスも持っていなければ、少年心も持ち合わせていないのであまり遊園地が好きではない僕ですが、それぞれ楽しかった記憶があります。なんせ、今や大人気のユニバですからね、当然ですね。様々なアトラクションの中でも僕が特にお勧めするのはフライングダイナソーです。あえて、お勧めすると「パンピーかよ」っていう声も上がるかもしれませんが、人気なのには理由があるんですね。楽しいです。個人的に好きなのは「ジョーズ」です。気楽に乗れるので、好きです。暇があればユニバに行きましょう。楽しいこと間違いないでしょう。

2.ラップ
僕はラップが好きです。主に見るのが好きなので、皆さんがyoutuberを見ているときrapperを見ています。ただラップが好きなだけでテクニックがないので基本的に特技にはなりません。あと、不意にラップを口ずさんでしまうのも傷です。でもラップを見ているときのあの感動は、なかなかのものですね。YO~

3.最近の推しメン
同期の仲で乃木坂が流行っているので、僕の最近の押しを紹介してブログを締めくくりたいと思います。僕の一押しは、広瀬すずです。巷では性格が悪いと根の歯もない悪口が囁かれていますが、決してそんなことはないでしょう。名前は忘れましたが、風邪薬のCMのやつが特にお勧めです。

三月になって新勧も始まりました。けんじを支えなきゃと思いながらも、その仕事の速さに甘えてしまいがちな自分ではありますが、ラグビー部の一員として働いていきたいと思います。頑張ります
次は、僕の同期の小林君に回したいと思います。お願いしますYO

2017年2月25日土曜日



こんにちは、松江君から回ってきましたPRの石橋です。先日松江君とともに乃木坂46のライブに出かけました。どうもメンバーの卒業コンサートだったようで会場は卒業メンバーのサイリウムで埋め尽くされ非常に幻想的な光景でした。乃木坂について全く知らない僕が参加しても楽しむことができ,その日のうちに乃木坂のファンになってしまいました。アイドルというのは素晴らしいものです。

話は変わって書くことが思いつかなかったので今までに読んだ本でも紹介しようと思います。

・『さよなら妖精』 米澤穂信 創元推理文庫
 ユーゴスラヴィアから来たマーヤと呼ばれる少女が「哲学的意味はありますか」という口癖をきっかけに日常に潜む謎を紐解いていく話です。2部構成になっており前半がマーヤとの思い出の回想、後半がマーヤの出身国を突き止める話となっています。日常の謎が普段私たちが気に留めていないようなことを扱っており読み終わった後に「確かに」と思わされます。個人的には一番のおすすめです。

・『新釈 走れメロス』 森見登美彦 角川文庫
 近代文学の傑作と呼ばれる作品が著者によって京都の町で再現される話です。全部で5つの話があるのですがそのどれもが有名な作品ですので内容がすっと入ってきます。古典の舞台がただ京都になっただけでなく、起承転結の承と転にあたる部分が面白おかしく変えられており読んでいて痛快です。参考にした作品との違いを考えながら読むとより一層理解が深まり面白くなると思います。

・『竜馬がゆく』全八巻 司馬遼太郎 文春文庫
 幕末維新史上の奇蹟といわれる坂本竜馬の生涯を描いた長編時代小説です。日本人の坂本竜馬に対するイメージのもとになった本と呼ばれ、非常に影響力の高い本です。中学の頃に読んだので大まかな部分しか覚えていませんが非常に読み応えのあるドラマチックな内容になっています。歴史が好きな人は読んでみてはいかがでしょうか。

・『小説 君の名は』 新開誠 角川文庫
 知らない人はいないと思うので内容は割愛します。「映画見たし小説はいいや」と思っている方、小説では主人公の目線で話が進むため映画とは異なり細かな心情表現などがあります。別の観点から物語を見ることができるので新たな発見があるのではないでしょうか。ちなみに僕は映画を見ていない少数派です。

4冊ほど紹介させていただきました。ほかにもいろいろとお勧めはあるのですが長くなるので省略します。本を読むと落ち着いた気分になれる上に暇つぶしになるので僕は読書が好きです。皆さんもぜひ手にとって読んでみてください。

先日の細道に始まり合格発表やボーリング大会といった新歓イベントが続々と始まります。2年前は新歓を楽しむ側だったにもかかわらず、もう主催する側になってしまったという時間が経つ速さにただただ驚くばかりです。先輩方が主催してきたイベントに負けないような盛り上がりを、そして新入生に楽しんでもらえるイベントをない頭をひねって考えたいと思います。

次は同じ学部で楽しそうにしている平塚君に回します。