2016年12月3日土曜日




主将の岡田です。


今年、正直苦しい事が多かった。
阪大に負け、リーグ戦でもなかなか結果が出ず、怪我人も増えた。それでも、チーム全員で勝つために、強くなるために考え走り続けた。苦しんだ分だけ確実に強くなったと思う。

私はこのチームを誇りに思う。

どうすれば強くなれるのか、どうすれば勝てるのか、共に考え意見してくれる後輩たち。
試合でプレーをすることができなくても、チームの勝利を常に考え共に闘ってくれるスタッフ。
忙しい中、練習や試合に出て下さり、試合に応援へ来て下さる先輩方。
そして、時にぶつかりチームをまとめるために全力で走ってきた同期。
この全員で作り上げた名大ラグビー部は強く、最高のチームだと自信を持って言える。

東大は確かに強い。
だが名大だって強い。
チーム全員で東大に挑戦する。
絶対に勝つ。


明日、今までやってきたことを全部出す。



名古屋大学ラグビー部
主将 岡田樹京

2016年12月2日金曜日

服田くん改め川村くんから回ってきました松下真也です。

何度かブログに書いたことがありますが、僕は小学校1年生の時にラグビーというスポーツに出会い、16年間ラグビー一筋でやってきました。その中でも名古屋大学ラグビー部で過ごした4年間は特に濃く充実したものでした。監督やコーチがいた高校までと違い、自分たち学生が主体となって練習や戦術を考え、プレーし、それをフィードバックして次に繋げる。うまくいかないことも多かったですが最上級生としてのこの1年はチームとしても個人としてもとても成長できたと思います。
僕は一年前、このチームが始まる時のブログで後輩たちが迷わずのびのびとプレーができるようなチームにしたいと書きました。実際そういうチームだったのかはわかりません。ですが4年生だけではなく後輩たちの意見やグラウンドでのプレーがこのチームを支えてくれたと思います。

泣いても笑ってもこのメンバーでできるのはあと1試合。
全員の気持ちを一つにして絶対に勝ちましょう。

次のブログは主将として1年間このチームを引っ張ってくれた岡田樹京に回したいと思います。

こんにちは。服田、、だったのですが、家の都合上、母方の家を継ぐことになりましたので、川村拓也です。明日のゼミのパワポをまだ作ってなく詰んでる中で書いた駄文ですが、しばしお付き合いくださいm(_ _)m

僕たち4年生の引退も残すところ、あと3日となりました。
この一年間、最高学年としてチームを俯瞰する側だった一年間は高校ラグビー部を途中で辞めた僕にとってはとてもとても濃く長い時間でした。
Facebookにも書きましたが、去年の東大戦の相手のドライビングモールにやられっぱなしだったのが悔しくて、FWリーダーとして強いFWを作ろうと決めて、一年間走って来ました。もちろん僕1人ではなく同期や後輩が協力してくれたおかげです。
最高学年だけじゃなく他学年含め全員で考え意見を出し合い、実践してこれは使える、これは使えない、とチームみんなで試行錯誤してできたのが今年のNURFCだと思ってます。
全てを仕切ってくれる監督がいない分、やってるプレーヤー1人1人が考えることで意図を理解した練習ができたり、各々が持ち寄って組み合わせた戦術をやることができるのがこの学生ラグビーの醍醐味だと僕は考えます。
僕自身、この4年間を通してラグビーというスポーツの奥深さを感じ、もっともっとラグビーが好きになりました。
ラグビー関係の友達に「名大ラグビー部いいなぁ」って言われると無理なんですけど本気で入部を勧めたいくらい今日ここまで僕を育ててくれたNURFCには感謝をしてます。
引退試合を勝利で飾ってNURFCに「恩返し」をしたいです。

最後の東大戦まであと2日、いやまだ2日あります。
昨日の練習よりも今日は楽しく、激しく、今日の練習よりも明日は。。まだまだやれます。
最後まで僕ら4年生についてきてください。

次はBKリーダーの松下真也くんに回したいと思います。おやすみなさい。。。zzz

2016年11月28日月曜日

お酒が好きそうというだけでブログが回ってきました、四年の酒井です。
イメージって怖いですね。


さて、東大戦まであと一週間となってしまいました。
同期のみんなとラグビーができるのもあとわずかかとおもうと、本当にさびしい気持ちになります。曲者が多いですが、ほんとうに居心地のいい同期です。


残された時間も少なく、ああすればよかったとか、こうしとくべきだったとか、いまになっていろんなことを思います。しかし後悔ばっかりしていてもしょうがないので、あと一週間できることすべてやって、東大に勝って、最高の仲間と笑顔で引退したいと思います。


次は教祖こと服田さんに回します。

2016年11月19日土曜日


こんばんは、四年生の中で唯一の浪人生の青木くんから最年長という謎の紹介をされた四年の戸ヶ里です。

ラグビーはとても番狂わせ、ジャイアントキリングが起こりにくいスポーツだと言われています。前回のW杯で南アフリカに勝利したことは世界中で話題になりましたが、最近アイルランドがニュージーランドに初めて勝利し、ニュージーランドの連勝を止めました。ノーサイドのホイッスル後のアイルランド選手の方々の喜びの様子を見て、ラグビーというスポーツの良さを再認識しました。



話は変わりますが、僕はとてもお酒が弱いです。二十歳も超えているのでお酒を嗜みたいのですが、まったくできません。おしゃれなお店でワインやシャンパンを優雅に飲んでみたい人生でした。しかも、強い人に比べて食道ガンのリスクがとても高いらしいです。二重苦です。最近はさらに弱さに磨きがかかり、1,2口飲めば吐けます。社会に出てから心配です。なのでアルコールについてどういう仕組みなのか調べてみました。

アルコール     →      アセトアルデヒド     →      酢酸
このように分解していくのですが、
アルコールを分解できない場合は「酔い」
アセトアルデヒドを分解できない場合は「頭痛や吐き気」

「お酒を飲めば強くなる」と言われることがあります。
これは半分合っていて、アルコールを分解する酵素は増やすことができるそうです。つまり、酔うけど悪酔いはしない人は強くなります。しかし、2週間ほどで戻ってしまうらしいので気をつけてください。

次はとてもお酒が好きそうな酒井くんに回します。

2016年11月17日木曜日


 4年の、マドンナ的存在であるうさみから回ってきました、4年の青木です。
この4年間、天然のみずきちゃんには大変、お世話になりました。

 冬が来て、引退が、あと少しのところまで迫り、
 あと、半月で、この同期で、ラグビーができなくなると思うと、
 とても寂しいです。

 この4年間、
 得られるものも多かったですが、
 その一方で、
 先輩に頼りきり、
 同期に、迷惑をかけ、
 後輩の足を引っ張ってきたように思います。

 正直、この4年間を振り返ってみて、
 もっと違うやり方があったのではないか
 と考えると、部活をしていた時間が長かっただけに、
 悔しさもこみ上げてきます。
 
 名大ラグビー部で、同期と過ごせる時間も、
 残りわずかになってきました。
 本当に、同期みんなに迷惑をかけたけど、
 一緒に過ごしていて、
 誇りを持てる素晴らしい同期でした。

 最後の東大戦、
 この代で、勝利を収められるように、
 部に対して、貢献したいと考えています。

 次に、ラグビー部、最年長の、とがりくんに、ブログを回したいと思います。

 ありがとうございました。

2016年11月14日月曜日

電車旅行のご相談は是非とげぴーに!
最高の旅になること間違いなしです。
そんなとげぴーから回ってきました、4年の宇佐美瑞紀です。
遅くなり申し訳ありません。


最後のブログなので、同期の好きなところを一つ紹介します。

同期飯です。
私の同期は1年生の頃からよく同期飯に行きます。
毎回なかなか行き先が決まらず、とりあえず二番出口に集合します。二番出口の会です。
二番出口の会では、定番のお店に加え、行ったことのないご飯屋さんの案も出ます。
「腹減ったー」「飯どこいくー!」「ここご飯一杯無料らしい!」
みんなが自由にたくさんおしゃべりをした後、多数決をとります。
でもいつもほとんど、定番のお店に決定します。
結局!!!となりますが、この時間に本当にほっこりします。


こんなたわいない時間を過ごせるのも残り僅かとなりました。

この4年間、何度泣き、悩み、怒り、笑ってきたかわかりません。
でも、これほど濃くてかけがえのない時間はなかったと思います。

先輩方は厳しくも優しく育ててくださり、今も温かく見守ってくださっています。
後輩たちにはたくさん負担をかけましたが、何度も助けられ支えてくれました。
そして同期、ぶつかることもあったけれど一緒にここまで来られて本当に嬉しいです。

ありがとうございます。

このチームの一員でいられることを本当に誇りに思います。


残るは東大戦。
4年間の全てをかけて、必ず勝ちます。

残り半月、1日1日を噛み締めて精一杯頑張ります。
宜しくお願いします。

次は、どんなときも優しくおちゃめなムードメーカー、青木伸雅くんに回したいと思います。

ありがとうございました。